FC2ブログ

日日是好日

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

2012-05-の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

建築士会の集 

昨日、宮崎県建築士会創立60周年の記念式典に出席して来ました。

今年度の総会は宮崎県建築士会が発足して還暦になる60周年記念の

年ということで、この記念にあたり、現在宮崎県延岡市の延岡駅前

まちづくりプロジェクトの事業の監修を務める建築家の乾久美子さん

の基調講演も合わせて開かれました。

建築士総会



建築家の乾さんを直接見るのは私も今回が初めてで、どんな方かな

と想像しましたが、思っていたより、より小柄?な方ででした。


一見するとこの方が世に多くの優れた建築物を創造されているとは

思えない(乾さん、失礼します^^:)印象でしたが、基調講演でお話し

される内容を拝聴すると、その建築家たる様子が、独特のテンポで

語れるトークからひしひしと伝わり、多くの優秀な作品を創られて

いる姿に、流石だと頷きました。



乾さんの一番印象に残った言葉は、講演終了際に会場の高校生からの

「どうしたら良い建築のアイデアを産み出せるのか」という質問に対し、

「(建築というのは)もともと辛いものだ!施主様にもいじめられ、

行政からもいじめられ、いろんなところからもいじめられ。。。

それでも楽しくやれるかが(建築を続ける)決めてになる。。」と。


その言葉に妙に実感。確かに~、と。どんな分野でも仕事でも

苦労無くして、良いものは生まれない、という想いでしょうか。


私たち建築士(または建築家)もこの苦労を働く歓びに還元しながら

クライアントや社会へと喜ばれるものを造って行きたいと感じました。


講演の後は、県下で集まった皆さんと楽しく酒を交わし、夜遅くまで?

親睦を深め交流致しました。


建築士の皆さん、お疲れ様でした!


最後までお世話頂きまして、有難う御座いました。


スポンサーサイト

カテゴリ: 出来事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

太陽のリング 

日本列島を賑わせた世紀の天体ショーもようやく終わりました。

私の街では残念ながら、厚い雲に覆われてその美しいリングは

お預けとなりました。

それでも日本の各地ではその世紀の瞬間を望もうと、多くの方

が空を見上げ、太陽のリングのお目見えを待っていましたね。


私は放送を通じて伝えられる映像を見ながら、少しづつ重なっ

ていく月と太陽の動きに、神秘さと神聖さを覚えました。


月がすっぽりと太陽に重なった瞬間、約束されたリングが姿を

表し、感動が込上げました。


太陽のリング
(和歌山県で撮影された金環日食)

月が太陽に重なり、月の周りから輝く太陽のリングは、本当に

感動的な瞬間でした。

宇宙にあるものは、全てが適切な場にあり、その全てが宇宙の

摂理に従ってベストなタイミングで循環しているということ。

そこに地球が存在し、私たちが今を共に生きている。

考えたら切りがない程に奇跡的で、かつその恩恵を感じます。


次回はまた数十年後に巡ってくる....。


その時まで、今日のリングのように光輝いて行きたい。


自身の全てを生かしながら。

輝こう光の種を蒔きながら。




カテゴリ: 出来事

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

今を生き抜く 

今日の空は、空一面のグレイ。

金環日食を前に、空は重たそうな分厚い雲を広げ

地面に雨の雫をしとしとと振り落とす。

その雫に濡れながら、今日の街を歩いた。


車も人もそれぞれが目的の場へ向かい、消えてゆく。

そしてまた次の流れが目の前に現れる。


私はただただ、車の流れ、人の流れを見つめながら、

今日の時間に居た。

時は黙って時計を回し、雲は頭上を流れていく...。

色とりどりの傘だけが灰色の景色を鮮やかに飾った。


明日は黄金のリングがやってくる。

未来に約束したことを私たちに見せるために。

それもまた、天の采配。

日本という国に歓喜を運ぶための宇宙との約束。


そこを選んできた今の私たち。日本人。

だから今、生かされていることを全霊で喜びたい。

輝くリングを迎えるためにも。


rainy.jpg






カテゴリ: 出来事

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

同志との集い 

昨日は私の住む地域で同じ仕事に携わる同志の皆様方と、今年度初めて

の集いに参加してきました。


今年の集いは、私が4月に開業した立場のため、いつも顔を合わせる

皆様に改めてという意味も含めて、それぞれにあいさつを交わしました。


仕事上いつも同じ顔ぶれでもありますが、やはりお酒の交じる席でもあり、

普段は思うこと感じることの他、なかなかゆっくりと話す機会が多く得ら

れないために、短い時間の中、有意義にまた楽しく交流出来ました。


地域(地方)の仕事に限った話しではありませんが、仕事や活動を通じ

同じ志を持つ仲間の存在は大きな励みにつながります。


集い合う仲間がそれぞれの得意分野を活かしながら、地域と社会の発展

のために活動、活躍して行けるような想いを抱きました。


そんなわけで、来週はまた同志で集い交流を重ねることになった私です。


これから地域と社会、地域で今を生きる人々のために、自身の努めを重ね

励んで参ります。


改めて地域と同志の皆様型、これからどうぞ宜しくお願い致します。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


カテゴリ: 出来事

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

大絵馬の変化 

今日は数日ぶりに晴れ間が広がる宮崎でした。

5月ともなると、初夏とは言え体感する感覚はすでに〝夏〟なんですね~^^:

最近は高まる太陽活動のせいか、日差しも一段と強く射し、日中に外を移動

しようとするなら、(-_-;)汗をたくさん掻きますね。


全国でも気温の高まりと共に熱中症対策が喚起されるところですね。

これからの季節はこまめな水分補給とできるだけ熱を溜め込まないような衣服

を着用して、過ごしやすい環境を整えてたいと想います。


今日は午後よりお世話になった都農神社への宮司様へと、開業の挨拶に向いました。

ご夫婦揃ってお会い出来、元気な様子が伺えて私も安心出来ました。


気になったことは、昨年末に奉納させて頂いた大絵馬の変化でした。

奉納後、常に屋外に設けられてあることもあり、日差しや湿気等の影響で

部分的に表面の板が浮き上がりを見せていました。


こちらは現在の絵馬全体の様子。


大絵馬

奉納の頃からすると、だいぶんと日に焼けて木肌が変色してきています。


そして気になる部分。

部分

予想はしていましたが、表面材裏面の接着面の部分から板端が

湿気と乾燥により浮き上がってきていました。


これ以上浮き上がる可能性も考えられますので、しばらく様子を伺い

手入れの必要を見ていくことが望まれます。


出来ることなら自然の風合いが出て、より味わいが出てくるといいのですが。。。


自然からはいろいろなことを学びます。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村



カテゴリ: 日常

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

トイレそうじ 

今日は宮崎掃除に学ぶ会が主催する掃除研修会へと参加してきました。

この掃除に学ぶ会は『日本を美しくする会』が全国で展開する参加型

による掃除研修会の活動です。

宮崎掃除に学ぶ会によると、2ヶ月に一度、県内の小中学校及び高校

の施設を対象に、学校内のトイレを参加者全員で磨いてきれいにする

ことを目的としています。


なぜ私がこの会に参加をしているのかといいますと。。。

昨年行われた私の母校(宮崎工業高等学校)の清掃活動に参加したこと

がきっかけで、参加型で掃除をすることに楽しさと喜びを感じたことです。


本来はその学校に通う生徒や先生方自身が、行うべきものかと感じる

側面もあるのですが、掃除から得られる自分の気づきと参加する人々

との交流を深める目的で参加しています。


今回清掃した学校は、宮崎市にある大淀学園 鵬翔高等学校。

学校自体は比較的新しくきれいな学校でしたが、トイレ内部はやはり

あちこちに汚れが蓄積していました。

今日は鵬翔高校の生徒さんにも参加して頂いて2時間という短い間に、

トイレ内にあるものを全員できれいに磨き上げました。


清掃中は皆さんひたすら黙々と掃除していますが、清掃後のみなさん

の様子はいつもすっきりとした清々しさがあります。


今日の気づきでは、便器のしつこい汚れにはナイロン製の網布を使い

すり込むように充てることで良く落とせる、ということがわかりました。


今日もそんなことで、掃除の会より新しい気づきと心を磨いてきました。


この体験をこれからの清掃に役立てて参ります。

参加された皆様、大変お疲れ様でした。


最後までお世話をありがとうごあいました。



カテゴリ: 出来事

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

理念を求めて 

本日は事業を継続していくために必要な経営理念について一日向き合いました。

経営理念とは、その事業の基となる理想的な概念や思想など、事業を運営して

ゆくために設けられますが、私の場合でも同様にこの理念についてしっかりした

ものを持ちたいとの想いでいます。

ただ単に仕事のことだけを考えれば、あってもなくても変わらなさそうに思えますが、

やはり理念があるのとないのでは、運営する上での意識に大きな違いが在るように

感じています。

今日はその理念を、建築デザイン=設計活動に置き換え、どのような理念と目的、

方針が望ましいかを創造しました。

事務所の屋号を決めた時にあらかじめ理念とミッション、それに伴うビジョンの

大筋は立てていましたが、今日はもう少し具体的なものへと掘り下げ、これからの

活動展開にも想いを馳せて作成しました。


と言う訳で今日はやや思考疲れ気味な私です。。。

ですが、これからのためにはきっと経営の支えになってくれると想います。


今日作成したものを改めて読み返し、近日に表明する予定です。


引き続き皆様に喜ばれるように務めて参ります。


いつもありがとうございます。




カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

庭木の生命力 

生命力


私の自宅にある庭木が今年はなぜか元気よく伸びている様子です。

例年に比べ、葉の多さや広がりに勢いを感じるこの頃です。

要因はなにかと想像しても、特定のものはわかりませんが、

ひょっとすると冬場のまとまった雨の恵みから勢いを増してるのかな

と、ふと感じているところです。


樹々と共に暮らしていると、毎年の季節感を味わうことで、

その年ならではの違いを感じられるのですが、なぜ違いが起こる

のかなど、よく解らないことがあることも多々あります。

昨年はこうだったのに今年はこうだなぁ~など。。


理想は樹々を見て、その年に起こる気象傾向等が推測出来るといい

と感じているのですが。例えば台風が到来する年には、蜂が軒先の

高い場所に巣を作るなど。


そうした自然現象を植物の生態を見ながら先読みしてゆけると

人間の暮らしも賢くなるのではないかと感じてきます。

というより、太古の人々はそういうものを常に感知しながら

生きていたのではないでしょうか?


私たち現代人も元々備わっていたはずのその感覚を磨いて、

今日の世を賢く行きたいですね。


五感を養い逞しく生きて行きましょう!


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村









カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

ボーダーレス 

super moon


昨日は全世界でスーパームーンの話題で賑わいましたね。

私も自宅の庭から、いつもより一回り明るく大きくなった月を

静かに見つめながら、その美しさと歓びを感じました。


思うに月が地球の傍で宇宙の法則に沿って満ち欠けを繰り返す

ことで陰陽の調和が整い、人々の情緒が育まれているよう

に想います。


天体は地球を回ることで、全世界の人が等しく同じものを

見ることができますが、現代では地球の裏側での出来事も

も、情報網を開くことで瞬時に感じることが出来ますね。


そういう面ではもはや、ボーダーがない世界と言えます。


今後一層、国境や境界を超えて人々が共有共感してゆく

世界が広がって行く様な想いを抱いています。


各国の宗教や信仰の違いを認識仕合い、言語や文化の違い

を認め、互いに美しいと感じるもの歓びを感じ合えるものは

共有共感され、共栄出来るといいと想います。


まずは自身のボーダーレスから始めて行きます。






カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

絵本百年の家 

今日はみどりの日ということで、小学生の娘を連れてわたしの町にある

木城えほんの郷」へと出掛けてきました。

この木城のえほんの郷は、日向灘を見下ろす緑豊かな尾鈴山の西山腹

の山間に所在し、今日はみどりの日ということもあり多くの方が来館され

て、森の中の場所で想い想いの時を過ごされていました。


今日はこどもをそっちのけで、私はひとり木陰の下で緑を眺めたり、絵本

を手にゆったりとした時間を楽しみました。


今日手にした絵本はJ.パトリック・ルイスの「百年の家」という本。内容は

一軒の古い家が時代と元に、様々な人々と共に住み継れていく物語。


日本の住宅ではよく30年が家の寿命などと言われますが、この本の中では

その3倍の時の間の人と共に様々な歴史を刻んで行く姿が描かれています。


時代を重ねることに、家の姿が変わって行く様子が細く描かれていて、私は

連れてきた娘のことも忘れ、えほんの世界に感情移入している私でした。


本を手にしながら、家は人がそこで営むことで機能が働き、人と共に生きて

いくものだなぁという想いが湧きました。


物語は外国の著者のものですが、日本でもこの絵本の物語のように、「家」

というものについてより人々が関わりを深め、大切に維持し愛されて行ける

ものになっていってもれえると嬉しく想います。


絵本はどちらかといえば大人向けに描かれた本です。描かれてある挿絵も

十分に見応えがありました。


家を見つめる一冊の本として、機会がありましら手にしてみてください。


「百年の家」紹介サイト



LINK







カテゴリ: 感想

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

今月の楽しみ 

今日より5月。新しい月に入りました。

5月というとイメージはやはり、“ 皐月晴れ ”ですが、今日は

分厚い天雲に覆われて、その空は望むことが出来ませんでした。

今週のゴールデンウィーク、後半は天候も回復するようですね。

この所、自動車による事故が続いていますので、お出かけの方は

どうぞ安全運転、また余裕をもってお出かけくださいね。


さて、今月は特別な天体ショーが巡って来ますね!

お話によると、300年に一度とのことで、おそらく今月見る機会

を逃せば、一生見れないということになる様ですね。

奇しくも、もっとも適した日食が見れるエリアに私の県(宮崎)が

入るようで、とても楽しみにしています。

出来るだけ、その日に天候が整うことを望みたいですが、こればかり

はその日になってみないとわからないですね。


その日を楽しみにしながら、日々の努めに精を重ね務めて参ります!

新しい月を楽しんで行きましょう!







カテゴリ: 日常

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。