FC2ブログ

日日是好日

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2013-01-の記事一覧

神宮式年遷宮 

zinnguu


平成25年の今年、伊勢神宮「神宮」では、20年ごとに社殿を造り替る伝統の大祭

である式年遷宮が行われます。大祭では社殿の他、正殿や御垣内(みかきうち)など

も全て造り替えられ、新しい宮造りの時をお迎えします。


遷宮(せんぐう)とは新しく築かれた本殿の場に御神体を遷すことと伝えられています。

今回の式年遷宮は平成17年から既に執り行われ、今年の遷御(せんぎょ)や御神楽等

の祭儀を経て幕を閉じられます。


神宮は全国のお伊勢様とも呼ばれ、国内数万社ある神社の大元でもあり、我が国最大の

神社でもあります。過去に私も参拝させて頂いていますが、神宮ほど、清らかで威厳

深く、豊かな自然と共にお守りされているお宮は他にないと感じます。


20年に一度繰り返し行われているこの遷宮は、御神体を新たなお宮に遷し替る行事

でもありますが、そこには本殿や正殿をお造り替る知恵や技術も受け継がれ、日本の

伝統や文化を後世に繋ぎ、自然と共に生きる日本人の精神継承の場でもあります。


神宮の中心である御祭神は皇室の御祖先である天照大御神「アマテラスオホミカミ」。

皇大神宮(内宮)にお住ましになり、全生命の営みをお守りしています。

そして天照大御神のお食事を司り、衣食住や産業の守り神とされる豊受大御神

「トヨノウケオホミカミ」。豊受大神宮(外宮)の神様です。


共に自然にお隠れしながらも、私たちに恵みや食べ物をお与え致す神々様に

いつも感謝と生かされていることの喜びを感じます。


今年斎き行われる全てのご祭儀の無事を祈り、この国の豊かな自然と共に、

和の精神(心・こころ)と美しい文化が継承されることを心より願います。


国民として、生かして頂いてありがとうございます。



伊勢神宮 式年遷宮公式サイト
http://www.sengu.info/index.html




カテゴリ: 出来事

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

頂点への軌跡 

昨日東京国立競技場で行われた第91回全国高校サッカー選手権で

我が県から出場した宮崎鵬翔高校が初優勝を果たしました

今回の決勝戦、実は先週の関東での大雪のため一週間の延期となり

ようやく昨日開かれる運びとなりました。


いやでも、ほんとに凄いです!

だって、日本一ですから。(単純です(笑))


今回全国から出場した高校はなんと4175校

それだけ聞いても選手たちが登り上がった道のりの凄さ素晴らしさ

が感じて参ります。

でもこの舞台に上がるまでには、それはそれは遠く険しく、時には

苦しさで前に出ることも出来ない日々もあったと想像します。

昨日の試合での選手たちは、そんな苦しさを観衆に微塵も見せず、

最後までほんとに爽やかにフィールドを駆け抜けていたことも

良かったですね。


スポーツはそんな強靭な精神を育ませ、プレイするもの見るもの

全てに喜びや感動も約束するのだと感じます。


選手たちが果たした歴史的な快挙に、同じ故郷の者の一人として

熱く込上がる感動が強く強く残りました。


情報によりますと、夏に行われる全国高校野球での地方出場高校数

よりもサッカー選手権の出場校が多い様です。それだけにこの歴史

を刻む大舞台を最後まで粘り抜き、果敢に攻め抜いたイレブンの

活躍に誇りを覚えます。


宮崎県では過去2010年に発生した家畜伝染病「口蹄疫」の出来事

により、県民の心は苦悩の日々が続きましたが、昨年の全国和牛能力

共進会での和牛日本一優勝「宮崎牛」に続き、スポーツでも日本一の

栄光の歴史を刻みました。


地方がもともと持っている力や知恵を活かし、工夫や努力を重ねる

ことで地方でも大きな夢や希望を叶えることが出来ることを、昨日の

イレブンの活躍する姿から教えられました。



鵬翔高校の初優勝 おめでとうございます!




カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

光と影の世界 

大きな約束

                藤城清治「大きな約束」


年始の休暇中地元で開催された、藤城清治の展示会に足を運びました。

藤城清治氏は、影絵の中で様々な題材を美しい色彩で表し、独創的で

ファンタジックな世界観を描く版画家の一人です。


藤城氏の影絵はテレビでの放送などで存じていましたが、美術品を直に

見たのは今回が初めてでした。


現在88歳を迎えながらも、日夜創作活動に取り組まれる姿には、物

作りに掛ける粘り強い精神と、細部まで妥協を許さない職人魂を強く

感じ取りました。どこからこの英気が湧き出るのだろうと想像します。


作品はまさにイリュージョン。

光と影によって描かれた版画には、繊細なグラデーションを持つ美しい

色彩が創造豊かに描かれ、鑑賞者の心情を絵の世界へと誘います。


また、どの絵にも自然の植物や人や動物たちが生き生きと描かれ、

テーマと共に様々なメッセージが込められて、鑑賞者の感性を刺激します。

作品に触れているとなぜか心が温かく感じてきます。


そんな体験もあり、改めて絵が人間に与える力を覚えました。


全国各地で展示会や作品展がある様ですので、

お近くで見る機会がある方は是非、ご鑑賞くださいませ。



見る価値は期待を裏切らず、創造を豊かに超えて行きます。



藤城清治氏の作品 


藤城清治 Wikipedia


藤城清治 影絵の世界




カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

自然の恩恵に 

本日もおはようございます。

太陽


写真は今朝携帯のカメラで撮影した太陽の写真です。

赤く拡散しているものは太陽からの光線ですが、携帯のカメラで撮影

した時にレンズの特性でいつもこの様に写り込みます。


このところ、大陸からの寒波の影響で朝の冷え込みは氷点下の気温で

迎える日が続いています。


寒いからこそ感じるわけではないですが、いつもほんとに太陽の恩恵は

すべての生命にとって必要不可欠な存在だと感じます。


寒さが続くこの季節、どんな人工的な暖房にあたるよりも、自然の恵み

である太陽の暖かさや、火の暖かさは尊いものです。


一昨年の大震災以降、エネルギーのあり方についても様々な動向や関心

が上がりましたが、取り分けて自然エネルギーへの着目は今後更に加速

を進めることになりそうです。


その自然エネルギーの代表格がやはり、「太陽」 ではないでしょうか。


自然エネルギーには風力や海洋(海水)など様々にありますが、太陽こそ、

無償でまた無限大にエネルギーを与えてくれるものはないでしょう。


これからの地球環境の維持と改善には、国民ひとりひとりの意識の中で、

自然の恩恵を知ると共に、自然にあるものを有効に活かす知恵と工夫を

高めて行きたい想いであります。



寒さ厳しい今日に、無限なる太陽の恵みの有り難さを感じています。

今日も心温かくお過ごしください。




カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

身体を大切に 

nanakusa

新年の始まりに、これから始まる様々な出来事について、全ての人が

それぞれの立場で願いや望みを抱いていらっしゃることと想います。


私も皆様と同じく正月を迎えた日に、今年一年の希望を胸に抱いて

初詣のお宮の場で神前にお誓いを致しました。ただ願い事はしていません。


神前にはあくまで日々の営みへの感謝が基本にありまして、願い事を縋る

場ではないと意識し、自らの決意をお誓いする場で参拝しています。


その中でも一番大切なことはやはり、「健康」ではないでしょうか。

健康こそ全ての営みの土台にあり、何を行うにしても最も大切なものです。


健康はお金では買うことは出来ませんし、維持するにしても意識とは対象

的に変調することもよくあります。


特に冬場の間は空気の冷えと乾燥を基に、体内の免疫力も低下傾向にあり

ますので、体調管理には注意が必要な時期でもあります。



昨日は春の七草を用意し、無病息災を願いながら有難く頂きました。

お粥にして頂く七草は、冬の間の滋養と共に体内の浄化作用を促すには

ぴったりの食べ物だと想います。


まずは意識から、元気であるぞっ!と宣言し、

身体の内側から病に勝る免疫を上げるよう努めて行きましょう!


病も健康もすべては気から運ばれてきます。


今年一年、すべての方が健やかな毎日をお迎えされることを心より願います。


どうぞお身体ご自愛され、元気にお過ごしください。





カテゴリ: 出来事

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

新年のご挨拶 

明けましておめでとうございます。

西暦2013年、和暦では平成25年の新しい年を迎えました。


皆様におかれましては、健やかで晴れ晴れとした新年をお迎え

のこととお慶び申し上げます。


今年は干支で表すと、「巳」(蛇)の年ですね。

人間の意識では蛇はあまり好まれない存在かもしれませんが、

蛇は弁財天様の遣いもので、金の象徴としても伝えられている

動物でもあります。ですので、金運アップを望まれる方には

チャンスの年かもしれませんね。


また、蛇は成長と共に脱皮を繰り返す生き物でもありますので、

古い習慣を変えて生きたい方にも役に立つかも??しれませんね^^:



毎年この新年が始まる様相というのは、いい意味で緊張と高揚感に

包まれますが、今年も同様に新しく出会う人、出会う物、出会う事

に新鮮な意識が湧いて来まして、今ワクワクとしています。


新年はすべての方々が、何かに期待し希望を持ちそれぞれの望みの

意識が芽生える時でもあり、出会う人行き交う人とのすれ違いから

も、歓びが重なる時でもあるのではないでしょうか。


今年一年が皆様にとって、少しでも明るくなる一年となります様、

個人としても心願い致します。



私個人事としては、昨年の開業から今年独立2年目を迎えます。

昨年は開業の年でありながら、戸建て住宅の耐震診断と改修工事

では技術と経験を多く重ねた貴重な年でありました。


また一方では一児(娘)の父親でもあり、学校の行事にも仕事の

合間に多く参加し、年齢と共に成長する娘に触れ合うことも多く

ありました。


そういう意味では私は生活から仕事までひとつひとつ感じること

考えること、思うことが全てのヒントやアイデアに結んでいる様

な想いがあります。


何を求め何を選択するかはその時のひらめきやモチベーションでも

ありますが、いつでも意図したものが望めるように自らの持つ波動

(テンション)を維持して行きたいと望みます。


今年も自身の内から湧き出る創造の歓びを、全体の発展と繁栄に

結びながら、喜び合える豊かな一年を重ねて参ります。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。





カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0