FC2ブログ

日日是好日

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2014-01-の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

義肢はその人 

毎週放送されているNHKドキュメント番組 仕事の流儀プロフェッショナル。

先週オンエアーとなった義肢装具士・林伸太郎さんの放送見て感動しました。


NHK 仕事の流儀プロフェッショナル 義肢装具士・林伸太郎


何かのアクシデントによって手や足の一部を失った人。

体の一部を失ったことで、生活はもちろん仕事にも大きな影響を与え、第三者

の目にも姿として主張されることにより、精神的にも大きな負担となるもの。


そのような過去を背負って生きてきた心の負傷者へ、義肢装具士の林さんは

直向きに、そしてひとりひとりに懇切丁寧に向きあっているプロでした。



実は私も手の指を失ったもののひとりとして、若い頃この負担を誤魔化して

生きてきた過去がありました。失ったことへの挫折感、未来への失望感、多く

の負のスパイラルが思考に駆け巡り、私の現実に暗い影を落としました。



「義肢はものしゃない、その人そのもの」


義肢という分野を通じて林さんが心を配るもの。それはもの造りを超えて、

その人そのものの再生(失われた心の回復)を与えていました。


その姿勢に私のあの沈んでいた頃の出来事が蓋を開け、こみ上げて来る想い

に胸が熱くなりました。


私も歳を重ねてようやく過去のことはすっかり解消させたつもりで居ましたが

やはり心の奥深い部分では、まだまだ癒しきれていなかった傷を感じました。

だからこそ私が放送を見るには必然だった想いです。



分野は違いますが、ものに向き合いながら依頼者へ心を届ける林さんの姿勢は

私の生き方にも深く共感出来る方であり、私自身もそうした生き方をこれから

選んで行きたいと望みました。




スポンサーサイト

カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

2014午年 

明けましておめでとうございます。

西暦2014年 平成26年の新しい年を迎えて皆様には歓びのことと存じます。

昨年は公私共に多くの役をお預かりしながら、引き立てを多く頂けたことに有り

難い一年となることが出来ました。

改めて昨年のご縁とお引き立てを頂いたことに感謝致します。


新年を迎え、今年の目標や抱負など、期待や希望に胸を膨らまれるところですが、

わたしの中ではまだなにも起き上がっていない白紙の状態です。

と言っても期待や希望がないわけではなく、目の前の今だけに意識がある状態と

いった感じです。

自己解釈としては、その時の風向きや流れにいい意味で身を委ねながら、自身が

したいこととすべきことを選択しながら進んでいく、という意識です。


そして選んだことには全力で向かい、体験を通じて自身にも周りにも歓びを共有

し合える関わり合いを結んで行きたいと望みます。


今年の一年がどなた様にとっても良き意味で、素晴らしい一年と成ります様に

心からお祈り申し上げます。


今年もどうぞ宜しくお願い致します。


午年




カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。