FC2ブログ

日日是好日

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

このページの記事一覧

年の瀬の志し 

2013年も今日で残りひと月と成りました。

毎年年の瀬になりますと、急に慌ただしさが目の前に現れるかの様に

あれこれと気を回すことが増えて参ります。

今年は例年以上に暑く長かった夏と極端に短かった秋を通り過ぎて、

ようやく冬の訪れを感じるようになってきたように感じます。

12月は師走と表しますが、この師走にもいろんな説がある様です。

代表的なものとしては、師(師匠)馳す、という説。

毎年お盆と年明けを迎えるころにはお経をあげるために、お坊さん

があちこちの家を訪ねて走り回ったという話し。でも現在ではあまり

お坊さんが年末に家々を走り回ること見ることはあまりないですね。

ただ、年末の所業で慌ただしさが増してきてお坊さんでなくとも誰でも

小走りになってくることはイメージが出来ます。

その他の諸説には、仕極つ、歳果つる...などなど。

真相は解けませんが、私がイメージするしわすには、

信念としての志を次の年へと馳せる、志馳す(しはす)=志合わせ、と

意図し、新しい年を迎える前の心(志)の準備期間にあるとおきます。

信念を新年につなぐ想いで。

そんなことを想いながらも月日は駆け足でどんどんと過ぎて行きます。

日の短さに自身の出来ることを丁寧に重ねて参ります。






カテゴリ: 感想

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toyama2717.blog.fc2.com/tb.php/110-24ad9e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)