FC2ブログ

日日是好日

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

このページの記事一覧

井出の山の蛍 

井出の山公園


名水百選で知られる霧島連山の麓にある井出の山公園を訪ました。

宮崎市から車で1時間半の距離にあり周辺には霧島連山の雄大なロケーションが広がり

豊富な湧き水と緑豊かな自然環境に恵まれる場所です。



今回ここを訪ねた目的は今の時期にしか見られない蛍を鑑賞するため

以前からホタルスポットしては県内外でも有名な場所でありこの場所でのホタル観賞が

毎年地元誌や観光メディアでも多く伝えられています。


公園に到着すると迎えたのは大きな池

この日は天候もよく周囲の山や緑が鏡のように水面に映し出されてました。

ホタル鑑賞の時刻までしばらく池の周囲を散策して待つことにしました。



2017.06.03.02


日も暮れてようやく鑑賞開始時刻となり、案内役のアナウンスに導かれ遊歩道へ向かいました。


幅約1.5m程度の遊歩道を進むと歩道脇に小さな川が現れその対岸はブッシュが茂り、枝葉が

川の頭上まで覆われてました。

見頃を迎えるのは20時と伝えられていたのでその場でホタルが現れる時間まで待機しました。


2017.06.03.03

時刻が20時を回ると伝えられた通りホタルが川のあちらこちらから現れ始めました。

写した画像でも見てわかるように次々に水面近くから飛び始め木々の上へと行ったり来たりを

繰り返すホタル。ちなみにこちらでみられるホタルはゲンジボタル。

ゆっくりとした動きにあわせ、ひかりの点灯もゆったり灯り消えたと思ったらまたゆっくり点灯

時間の経過と共に茂みが次第に薄暗くなり、かわりにホタルのひかりが一段と際だってました。


2017.06.03.04


鑑賞時刻が20時30分近くになると更にホタル数は増え、川一面に無数のホタルの乱舞

まるで森の中に星がばら撒かれたような光景に包まれました。


この後は暗がりは完全に闇と化し、撮影はここで終了。


年々環境の変化によりホタルの生息環境も厳しくなり個体数も減少傾向にある昨今。

それでも生息している場にはしっかりと生存が確認され安堵する思いも交差します。


ふるさとの大切な環境が失われることなく後世へと繋がれてほしいと思います。


カテゴリ: 感想

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toyama2717.blog.fc2.com/tb.php/136-64751b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)