FC2ブログ

日日是好日

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

このページの記事一覧

異国情緒の街 

一昨日と昨日の2日間、少し遅めの夏期休日を頂いて、家族と共に

長崎県へと出掛けて来ました。


以前にも長崎は何度か訪れている場所ですが、今回は家族揃っての旅行。

向かったのは娘の希望した人気のテーマパーク「ハウステンボス」。


ハウステンボス1

平日の来場でもあったせいかそこまで会場も混雑するという状況もなく、

パーク内を気ままに散策しながら限られた時を家族と共に過ごしました。


このテーマパークは以前は長崎オランダ村という名称でしたが、経営不振

によって名称を「ハウステンボス」に改称。人気アニメ「ワンピース」の

キャラクターを導入してからは再び人気が集まり、長崎の新たな観光の場

となっている現在です。


私がここで好きなものはやはり建造物とその周辺環境の美しさ。


石畳の街路を始め、統一感のあるデザインで整えられた欧州風の街なみ、

その街なみを優しく取り巻く豊かな緑と美しい運河の風景は、テーマパーク

として整備されたものにしても、毎回その美しさに感心させられます。


ハウステンボス2


現在は昼間の催しに加えて、夕方から始まるライトアップのイベントも

行なわれていて、夜は夜景を楽しむことの出来るスポットとしても人気

が集まっています。

こうした美しさはどのようにして整備され維持されて行けるのだろうかと

毎回足を運ぶ際に感じますが、やはりそこには単なる表向きの客寄せでは

本当の感動や歓びを提供出来ないものではないかなと感じます。

何よりも歓びを追求するおもてなしの心と美しさへのこだわりがなければ、

実現しないでしょう。


日本でも建築家や造園家の他、地域の方の努力によって美しい街づくりや

街並みが増えて来ています。こうした街並みや風景は決して一瞬で出来上

がるものではなく、そこで生きる人々の永い歴史の営みと文化によって生

み出されて造られて行くものです。

何事も壊すのは一瞬に終わりますが、築いて行くことは時間をかけた努力

によってしか生まれることはありません。


これからの日本には経済で成長することよりも、普通に感動出来る風景や

街並み、そして人々の心の豊かさが増えて行くことを感じました。






カテゴリ: 感想

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toyama2717.blog.fc2.com/tb.php/99-c54811dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)